HBF 公益財団法人 放送文化基金

文字サイズ:

HOME放送文化基金についてHBFのあゆみ

放送文化基金について

HBFのあゆみ

※本文中のリンクは旧ウェブサイトにリンクしますのでご了承ください。

1974(昭和49)年 放送文化基金設立(2月1日) 基本財産120億円
初代理事長に中山 伊知郎
英文呼称をHoso Bunka Foundationに
「日本賞」、「ABU賞」への参加を決定
1975(昭和50)年 第1回放送文化基金賞贈呈式(番組部門の賞金 本賞100万円、奨励賞 50万円)
1976(昭和51)年 基本財産に1億円繰入、121億円に
1978(昭和53)年 第1回放送文化シンポジウム「放送の文化的役割について」(国際シンポジウム)
<5周年記念事業>
1980(昭和55)年 助成審査委員会を3部門に(技術開発、人文社会、事業)
茅 誠司 理事長に就任
1983(昭和58)年 テレビドキュメンタリー番組の企画選奨<10周年記念事業>
1984(昭和59)年 「10年のあゆみ」」の刊行、放送文化フォーラム「都市空間のコミュニケーション」(東京、大阪)<10周年事業>」
「放送文化基金賞」に全日本テレビ番組製作社連盟加盟(プロダクション参加)
1986(昭和61)年 基本財産に2億円繰入、123億円に
1987(昭和62)年 大来 佐武郎 理事長に就任
1991(平成3)年 放送文化基金賞番組部門表彰に「優秀賞」(賞金80万円)を新設
1992(平成4)年 放送文化基金賞番組部門の賞金増額(本賞200万円、優秀賞100万円)
同番組部門に<演技賞>(平成1年~)を含む「個別分野賞」を新設
1993(平成5)年 吉國 一郎 理事長に就任
記念講演「子育てとテレビと子守歌」<20周年記念事業>
1994(平成6)年 「20年のあゆみ」の刊行、『テレビ番組の企画選奨』(アジア全域を対象)、国際シンポジウム「映像による理解と誤解」記念フォーラム「テレビ来たるべき知性のために」<20周年記念事業>
1995(平成7)年 委託研究「21世紀放送構想」研究会「人間と映像」プロジェクト
「青色発光」プロジェクト「アジアからの発信」プロジェクト
1996(平成8)年 広報誌「わ」刊行(~2002年3月)
委託研究「災害放送研究」プロジェクト「立体視研究」準備プロジェクト
「制作者フォーラム」(以降、全国4地区で開催)
1997(平成9)年 放送文化基金賞番組部門に「テレビエンターテインメント番組」
(~2001年、5回実施)
1998(平成10)年 「放送の将来展望に関する懇談会」(全28回)(~2002年)
委託研究「カルチュラルエコロジー」研究委員会
ホームページ(英語・日本語)の開設
1999(平成11)年 委託研究「制作者知的支援研究」プロジェクト
委託事業・放送文化シンポジア「放送番組を徹底的に語る会」東京、大阪、名古屋
(~2000年、9回開催)<25周年記念事業>
2001(平成13)年 「話題の放送番組を見る会・語る会」(以降、年1回開催)
2003(平成15)年 広報誌「HBF NEWS」刊行(~2010年4月)
2004(平成16)年 助成審査委員会を3部門から2部門に(技術開発、人文社会・ 文化)
「30年のあゆみ」刊行、フォーラム「これからの“放送文化”を考える~より豊かな展開を求めて~」(東京)、「制作者フォーラムinとうきょう」<30周年記念事業>
2005(平成17)年 河竹 登志夫 理事長に就任
助成 研究報告会開催(以降、年1回開催)
特定共同研究助成を実施
2007(平成19)年 「若手制作者全国交流セミナー」(東京)
2009(平成21)年 放送文化基金賞番組部門に「テレビエンターテインメント番組」再開
国際シンポジウム「テレビがつなぐ東アジアの市民-交流から対話に向けて-」開催(東京)<35周年記念事業>
「若手制作者全国交流セミナー」実施(東京)
2010(平成24)年 広報誌「放送文化基金報」の発行を年2回に
「全国制作者フォーラム2011」実施(東京)
2011(平成23)年 財団法人から公益財団法人へ移行
塩野 宏 理事長に就任
東日本大震災とメディアに関する委託研究を実施(2件)
2013(平成25)年 「設立40 周年記念研究報告会」実施(東京)、若手奨励研究と して助成金を増額
設立40 周年記念事業として助成、基金賞のWeb申請を実施
2014(平成26)年

設立40 周年にあわせて、新しいロゴを作成
設立40 周年記念号として放送文化基金報80 号と81 号を刊行
  ⇒助成の技術開発部門、人文社会・文化部門の両委員長、放送文化基金賞の各部門の6委員長による40周年記念寄稿を掲載

2015(平成27)年

末松安晴 理事長に就任
「全国制作者フォーラム2015」実施(東京)

2016(平成28)年 シンポジウム「8Kから∞へ 〜超高精細映像のゆくえ〜」開催、同タイトル報告書刊行