HBF 公益財団法人 放送文化基金

文字サイズ:

HOME放送文化基金賞「日本賞」への参加

放送文化基金賞

「日本賞」への参加

日本賞教育コンテンツ国際コンクール  日本賞のサイトへ
 放送文化基金は日本賞 教育コンテンツ国際コンクール(主催 NHK)に参加し、「企画部門」で、教育に役立つテレビ番組の優れた企画に対して放送文化基金賞を贈呈しています。
※「企画部門」は、第30回日本賞を機に新設。第29回までは「番組」に対してHBF賞を贈呈してきました。

第45回「日本賞」教育コンテンツ国際コンクール 企画部門を表彰

 2018年11月2日から11月9日にかけてNHKが主催する第45回日本賞教育コンテンツ国際コンクールが実施されました。
 今回は18の国・地域の 機関から34企画の応募があり、最終選考に選ばれた5企画の制作者がファイナリストとして東京に招待され、最終審査会で企画のプレゼンテーションを行い、受賞者が決定しました。
 11月9日、東京のNHK放送センターで授賞式が行われ、放送文化基金の末松安晴理事長から、企画部門の最優秀賞を受賞したメキシコのエルケ・フランケさん(ビエントス・カルチュラーレス)に、トロフィーが贈られました。


NHK日本賞授賞式
企画部門 最優秀賞/放送文化基金賞 (賞金10,000ドル)
『命 ~自殺を止めるために』
エルケ・フランケさん/ビエントス・カルチュラーレス/メキシコ

<企画概要>

メキシコ南部のチアパス州で、アートの力を借りて、先住民族の若者たちの自殺を食い止めようと奔走する青年を追うドキュメンタリー。グアテマラとの国境に近いチアパス州は、メキシコの中でも先住民族が最も多く暮らす地域だ。ここでは貧困や差別、そられに起因する非行や薬物犯罪が後を絶たない。さらに、ここ10年間で若者たちの自殺が急増しているという。番組はこの状況に心を痛めた一人の青年が、若者たちの自立を助けるために芸術フェスティバルを開催するまでの道のりを追う。


受賞者エルケ・フランケさん レセプション会場にて

 また、最終審査会終了後、前回の企画部門最優秀企画として放送文化基金賞を受賞した『理想郷への手紙』(ミャンマー)の完成披露上映が行われ、番組の制作者であるセイン・リャン・トゥンさんが制作過程などを語りました。

最終選考に残った5企画

タイトル対象機関名
リリー ~選挙への挑戦~ 大人 サウンド・ピクチャーズ ブータン
命 ~自殺を止めるために~
★最優秀賞(放送文化基金賞)
青少年 ビエントス・カルチュラーレス メキシコ
砂漠の“トイレ”革命
☆優秀賞(日本ユネスコ協会連盟賞)
大人 ビューレン・ゾヒスト・プロダクション モンゴル
リトル・ファーマー ~畑へ行こう~ 児童 クリエイティブ・プロダクション・アンド・トレーニング・センター ジャマイカ
アイリス ~アニメで物理~ 児童 エル・ペロ・エン・ラ・ルーナ アルゼンチン